HOME

最新情報

パンフラワー活動紹介~生活介護事業~

 毎月2回外部講師をお招きしパンフラワー製作活動を行っています。

 この活動の魅力は、丁寧に地道に作り上げたものが最後には素晴らしい作品になることです。一つの作品が完成するまでに数か月の時間を要します。センターの中でも大変人気のある活動です。

 お手伝いいただくボランティアさんも随時募集しています。

ご興味のある方は、連絡先(43-2377:担当 重岡・廣澤)まで連絡下さい。お待ちしています

2022年7月1日

公開講座「人工内耳を知ろう!!」講師:山口大学大学院医学系研究科 耳鼻咽喉科学 准教授 菅原一真氏

 令和4年6月12日(日)に山口大学大学院医学系研究科耳鼻咽喉科学の菅原一真准教授をお招きし公開講座「人工内耳を知ろう!!」を開催いたしました。

 一般市民、障がい当事者、福祉関係者ら32名が参加し、菅原先生の自己紹介から、難聴の分類、世界で最も普及している人工臓器の人工内耳やその適応、術後のリハビリテーションの重要性等盛りだくさんのお話をしていただきました。  参加者からは、医学の進歩はすごい、人工内耳の重要性を再確認できた、すべての人が生きやすい世の中になって欲しいなど多くの感想やご意見を頂きました。

2022年6月14日

遊びながら感覚を育む~放課後等デイサービス~

 岩国市障害者サービスセンターの放課後等デイサービスでは、視覚・触覚・臭覚・味覚といった、五感を使った遊びを積極的に取り入れています。

 今回は、「どんな味?」(味覚)をテーマに、実際に「梅干し」や「レモン」を使った遊びを行いました。子供たち自身が遊びの中で、直接色々な感覚の物に触れ、それを感じ、楽しい経験と学びを深めていくことが出来ればいいな~との思いで支援しています。

2022年6月14日

〔募集中〕令和4年度岩国市手話奉仕員養成等講座 4/28(木)締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 いよいよ、今年度の手話奉仕員養成等講座が始まります。この養成講座は平成10年度から開講され、今年で25年目です。今年は、新たな試みとして、これまでの手話奉仕員講座に加え、「以前、講座を受講したが、、、手話を忘れてしまったのでもう一度勉強したい等の学び直し講座」や「聞こえに支援が必要なお子様とその家族が手話を学ぶ交流講座」を予定しています。

 また、6月12日(日)に「人工内耳を知ろう!」をテーマに、山口大学医学部付属病院耳鼻咽喉科菅原医師の公開講座があります。菅原先生は、「最新の人工聴覚器治療」をテーマにYouTubeも公開されておられます。「人工内耳」についてわかりやすくお話いただけると思いますので、ご興味がある方はぜひご参加ください。

2022年5月6日

『岩国市手話ときこえの文庫』の紹介

『岩国市手話ときこえの文庫』の紹介

~手話を学ぼう編~

 手話とは、耳が聞こえない、あるいは極度に聞こえづらいなど、聴力(聴覚)に何らかの障害がある方々が、手や指の動き、顔の表情や口の動きなどを使って「言葉」を表現し、コミュニケーションを成立させる方法のことです。耳は聞こえていても、発声・発語機能に障害がある方々が手話を使う場合もあります。

 日頃の生活の中でちょっとしたミスをした時に、顔の前で両手を合わせて頭を下げるジェスチャーをすることがあります。私たちが何気なく使っているアクションや表情の変化と、似ているものがたくさんあります。そのように考えると、手話が身近に感じされるのではないでしょうか。

   

 本格的に手話を勉強するには勇気がいるが、ちょっと気軽に手話に触れてみたいと思われた方には、この「手話学ぼう」関係の書籍はお勧めです。

2022年3月24日

令和4年3月、「岩国市手話ときこえの文庫」が開設されました。

岩国市において令和3年9月に手話言語条例が制定され、手話の普及等の取り組みを進めていくこととされました。

この取り組みを含め、聴覚障害者等に関する理解を深めるための「学習の機会」を確保するために、岩国市障害者サービスセンターに手話や要約筆記などの聴覚障害支援に役立つ書籍や視聴覚教材等を集めた「岩国市手話と聞こえの文庫」が開設されました。

小学生向けから手話通訳者や要約筆記者等の専門職向けのものまで、幅広く揃えておりますので、是非ご利用下さい。(初回利用の際に身分証等が必要です)  開設時間等、詳細は、添付のリーフレットを参照下さい。

2022年3月17日